No.6

PAR
4
HDCP
15

ティー位置からはフラットに見えるものの、残り100ヤード付近からグリーン手前が窪地になっている。センターよりやや右目方向へ200ヤードを打ち、窪地手前へレイアップするのが良い。

二段グリーンのどちら側にピンがあるか確認が必要。左のバンカーに注意。

バンカーは山砂で締まっているため、バンスが使いづらい。ウエッジの歯からボールの下へ入れるイメージ。身長以上のバンカーが多いが、怖がらずフルスイングすると脱出しやすい。

クラシックグリーン(姫高麗)であるため、芝目を読むことが重要。何度も来場し、芝目を知る楽しさを味わってください。「薄め・強め」が原則で、パターの芯でしっかり打ちましょう。