No.1

▽次のホールへ

ティショットは真正面の有馬富士に向かって豪快に!

残り150ヤード付近から緩い下りになので距離感が必要。

No.2

▽次のホールへ

距離のある打ち上げショートホール。
手前バンカーには要注意!

狙い目はグリーン右側の花道。
グリーン奥のOBに注意。

No.3

▽次のホールへ

落とし場所によって難易度が極端に変わる HDCP1のホール。

右ドッグレッグで左右OB。ティショットはセンター よりやや左側を狙うとセカンドが打ちやすくなる。

No.4

▽次のホールへ

距離の短い打ち上げホール。ロングヒッターは 1オンも可能。ただし、2打目の打ち込みに注意。

無理せずグリーン手前センターからやや左寄りを狙うのがポイント。右方向は傾斜でOBになりやすいので注意。グリーンは黄色の的方向。



友三稲荷大明神
友三稲荷ホール
▽詳細はスクロール

No.5

▽次のホールへ

打ち込み注意!TVモニターにて前組がグリーンに上がった ことを確認のこと。

グリーンは黄色の的方向だが、ティショットは 中央の一本木右側が狙い目。

グリーン手前の池、バンカー等のハザードに つかまりやすいので、落とし場所がスコアを 左右する。グリーン奥が狭くOBに注意。

友三稲荷の#5ホール

No.6

▽次のホールへ

ティ位置からはフラットに見えるものの、残り100Y付近からのグリーン手前窪地に注意!

二段グリーンのピン位置の確認が必要。

No.7

▽次のホールへ

難易度の高いミドルホール。
ティショットは右側 の一本松狙い。

左奥の谷には要注意!
グリーンは直接狙わず手前でクッションさせる のがベター。

No.8

▽次のホールへ

距離の短い谷越えのショートホール。
やや打ち下ろしとなるため、ヤード標示より10ヤード程度小さなクラブで。

ただし、左側のOBに注意。二段グリーンは高低差が大きい。

No.9

▽次のホールへ

ティショットはフェアウェイセンターの楠の木 を目標に。

グリーン付近は花道が狭く、左右ガードバンカーに注意。

No.10

▽次のホールへ

前組がグリーン手前まで進行したことを確認のうえ、ティショット願います。

ティ前は左右OBだが、左側の特設ティ付近は広い。
ティショットはグリーン右バンカー狙い。

No.11

▽次のホールへ

右ドッグレッグで2オンし難いミドルホール。
ティショットは左方向が狙い目。

グリーンはセカンド位置から見える二本木より少し右側。
残り100Y付近から打ち下ろしの為グリーンが確認しづらく、前組への打ち込み注意!

グリーン周りは深いバンカーが多い。

No.12

▽次のホールへ

コース中央には大きな窪地があるミドルホール。
ティショットは右の一本松狙い。

前組が段上に上がる確認してからティショット願います。
セカンド位置からも打ち上げのため、打ち込みに注意!

窪地からはネットの目印(紅白の旗)がグリーン方向。

No.13

▽次のホールへ

右側OBの打ち上げミドルホール。
ティショットの打ち込み注意。

正面の5本木の左から2本目が狙い目。
ロングヒッターはグリーン手前のアゴの高いバンカーにつかまりやすいので短めのクラブ選択。

グリーン右奥は狭く、オーバー注意!

No.14

▽次のホールへ

フェアウェイが若干左に傾斜しているためやや右側狙い。
第2・3打目は右側OBに注意!

No.15

▽次のホールへ

距離のある谷越えのショートホール。

グリーン手前のバンカーはアゴが高い。
左側と奥のOBに注意。

No.16

▽次のホールへ

ティショットはやや左方向の松狙い。
窪地からグリーンに向けてコースが徐々に 狭くなっているのでセカンド位置から左右ともOBになりやすい。

2打目は打ち込みに注意!

No.17

▽次のホールへ

右ドッグレッグのロングホール。

ティショットは水色の家方向が狙い目だが、ロングヒッターは左右のバンカーに入りやすい。

No.18

△No.1へ戻る

グリーン左側へのOB注意。
グリーン奥も狭くオーバーは禁物。

右側10番ホールはセーフゾーンだがパーセーブが難しくなる。